経営者を支える人材になる
経営管理部
部長
鶴田 健一(Tsuruta Kenichi)

略歴

2004年にじょぶれい入社後、管理部に配属され、
管理部門の仕事を任されましたが、その中でも
人事部門の担当としての仕事が大半を占めておりました。
当時、派遣部門の売り上げが伸びていたこともあり、
会社の利益に直結する部門を任されておりましたので、
大きなやりがいを感じながら勤務しておりました。
その後、静岡オフィスに営業部門の責任者として配属されました。
静岡ではクライアント様の声を直接聞くことができ、
良い経験、苦い経験もし、自分自身の大きな成長に繋がりました。
会社の拡大に伴い2009年、東京にて管理部門に配属され、現在に至っております。

経営管理部の役割

じょぶれいにおける経営管理部の役割としては、
経理、人事、労務、法務、総務、福利厚生、予算作成、法令順守など
コンプライアンスなども含め営業部門や会社全体のことを考えます。
各業務の見直しを繰り返すことによって、各社員が働きやすい
環境を作り出す役割を担っております。
ここ近年、企業における法令順守が重視され、
コンプライアンス対策及び違反に対する迅速な対応が求められております。
経営管理部はコンプライアンス担当部署としても重要な役割を担う性格上、
他の部署とは独立した部署となっております。
社内ルールを策定し従業員教育の実施、従業員からの相談など、
コンプライアンスに関するすべての業務を担当しております。

一緒に働きたいと考える人材

設立2003年の若い会社です。
会社としての、のびしろはまだまだあります。
会社の成長と、自分自身ののびしろを伸ばす努力が
できる人材と働きたいと考えております。
そのために、働いている社員が、自身の力が発揮できるような
環境作りを心掛けています。